カテゴリー別アーカイブ: マシュマシュクッキング

イチジクのコンポート♪

こんばんは。

 

今日は久しぶりの友達が

遊びに来てくれました。

本日の我が家ランチはロールキャベツと

ビーンズサラダ、ゴボウの天ぷら。

 

そしてデザートは

イチジクのコンポート!

旬なイチジクを赤ワインで煮た

ちょっと大人味のデザートです。

この時期訪ねてくれた友達は

みなこれを食べさせられるのです。

 

ここで作り方を紹介します

CIMG7151

①イチジクをやさしく洗い

水をふき取り鍋に並べる。

②赤ワイン(イチジクが浸るくらい)

砂糖(大さじ3~4) お好みで

を入れ火をつける

CIMG7152

②弱めの火であくを丁寧に取りながら

30~40分ほど煮ます。

 

後は火を止めて赤ワインの色が

染み込むようゆっくり冷まして冷蔵庫へ。

 

CIMG7181

こんな風にヨーグルト(酸味の少ないもの)

と合わせて頂くと美味しいのです♪

 

冷蔵庫で2週間くらいは大丈夫です。

おすすめなので ぜひ作ってみてくださいね!!

 

ぽなぽな♪

 


旬なあんず

こんにちは~♪

 

1年でこの季節だけのもの・・・

いろいろありますがあんずもその一つ。

長野県千曲市から取り寄せ 今日届きました!!

ハーコットという品種だそうです

甘酸っぱい何とも言えない素敵な香り♪

さっそく あんずと共に送られてきたレシピで

あんずジャム作ってみました。

 

 【あんずジャム】

材料:あんず1キロ、砂糖500グラム、

CIMG6263

3キロあります。

水洗いして水気をきる。

 

CIMG6267

2つに割り種を取り出します。

簡単に気持ちよく取れます。

 

CIMG6269

適当な大きさに切り、砂糖半分を加えて火にかける。

泡が出てきたら火を弱めて、残りの砂糖を入れ

あくを丁寧に取りながら焦げないよう煮詰めます。

コップに水を入れジャムを落とし

散らずにすーと落ちればOK。

 

CIMG6271

煮沸したビンに詰め完成!!!

 

 

もう一品、【生あんずの即席砂糖漬け】

材料:あんず1キロ、砂糖300グラム

CIMG6270

①②は同じ。

熱湯でさっと茹でざるにあげて水けをきる。

熱いうちに砂糖とあんずを交互に重ね漬け

粗熱を取って冷蔵庫で保存。(翌日から食べられます)

 

『ビン詰』には食べ物への感謝と

食べてもらいたい人への愛も詰まっている!!

・・・な~んてね(^_^;)

 

以上 マシュマシュクッキングでした~♪

ぽなぽな♪


赤いルバーブのジャム

こんにちは。

今日は信州を旅行した友人に

赤いルバーブをもらいました。

あまり聞きなれない野菜ですが、

皆さんは知ってますか?

CIMG6190

直径1~2センチ、長さ30センチくらい

調べてみるとアントシアニン、抗酸化作用、老化防止など

とっても惹かれるワードが・・・(^o^)!!

 

さらに調べてみました。

栽培は紀元前3000年ころで

最も古い栽培植物のひとつだそうです。

中世以降、ヨーロッパ各国で生薬として用いられ

現在はサラダ、ジャム、パイ、ゼリーなど

多く使われているのだとか。

日本へは明治時代初期に導入され

胃腸炎、便秘などに効能があるとのこと。

(知らなかった・・・私だけ?)

 

さっそく、ジャムにしてみました♪

マシュマシュクッキング!スタート\(^o^)/♪

CIMG6191

材料:ルバーブ、砂糖(ルバーブの半分の分量)

お好みで(レモン果汁、白ワイン)

 

①ルバーブを細かく切り、砂糖を入れて

②弱火で煮ます。

③30分くらいでどろっとしたジャム状態に。

④白ワインとレモン汁をお好みで加えて出来上がり♪

CIMG6193

アンズに似たにおいと青リンゴのような酸味があり

さっぱりしてとってもおいしい♪

パンにもヨーグルトにもピッタリです。

この時期取り寄せもできるらしいので

作り置きしようと思います。

 

以上、マシュマシュクッキングでした♪

ぽなぽな♪