フランス クリスマスマーケット旅行記☆彡 part2

今日は北東フランス ドイツ国境近くの

ストラスブールからスタートしま~す♪

 

ところで、ストラスブールってどこ?

なにがあるの?と思われる方も多いのでは。

私も今回「クリスマスマーケットに行こう!」と思うまで

まったく馴染みのない地名でしたが

実際行ってみて感激しました♪

 

CIMG8308

CIMG8304

アルザス地方の伝統的木造建築

『プティット・フランス』は世界遺産

この時期はクリスマスの飾り付けが華やかですが

春は360度花であふれ夢のような世界だとか。

ま~た 行かなくちゃいけないじゃん\(^o^)/

CIMG8296

運河沿いにおとぎ話のような建物が並びます。

 

CIMG8321

『プティット・フランス』より少し南の

「バラージュ・ヴォーバン」という橋よりの風景。

中世のころそのまま?

 

CIMG8339

ブリキの大きな人形と。

CIMG8340

木製のクリスマス ツリーと。

 

その後 再びアルザス号でアルザスワイン街道へ♪

CIMG8356

見渡すかぎり続く葡萄畑の中のワイナリー。

CIMG8364

大きな樽の注ぎ口部分の彫刻

おもむきありますね~♪

CIMG8365

熟成を待つ数えきれないワイン達

CIMG8368

テイスティングの用意をしている

独学で勉強して日本語ペラペラのベッカーさん。

ドイツでは80%が白ワインだそうです。

昨日のランスのシャンパンと雰囲気が違って

家庭的な感じが温かでした

貴腐ワインの上品な甘さが印象的だったけど

8000円くらいだったので購入は断念。

 

ジャムの妖精フェルベールに立ち寄り

リクヴェルというフランスで一番美しいと言われる街で

昼食。ソーセージとシュークルート(ザワークラフト)を

はさんだフランスパンを散策しながら食べました♪

これが美味しかったんですよ(*^。^*)

 

3時ごろコルマール

『マルシェ・ド・ノエル』(クリスマ市) へ。

CIMG8416

CIMG8420

CIMG0034

コルマールの代表的建物

『ハウルの動く城』のモデル?

ジブリのスッタフが参考にした?

華やかななマーケットが並びます。

クリスマスはキリスト教徒の一大行事で

生活の一部なんだなあ と実感しました。

歩きながらのホットワインが温かくて甘くておいしい♪

 

本日もストラスブール泊なので

スーパーでお総菜を買ってホテルで乾杯です。

Santé~☆彡

 

part3をお楽しみに♪

ぽなぽな(*^。^*)


 ★ランキングに参加しています★

 読んでくれた人は、
 ボタンを押してくれると嬉しいです♪
 ↓ ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>